HTMLソース内で特殊文字を使ってスペース(空白文字)を表示しよう


ページ上に単体または複数のスペースを表示したい時があります。

そういったときは下記の記述を利用しましょう。

  • 「 」は、狭い(細い)空白。
  • 「 」は通常の半角スペースと同じサイズの空白。
  • 「 」は若干広めの空白。
  • 「 」はさらに広めの空白。

ただし注意が必要なことがあります。

まず文字間隔を調整する目的では利用しないということ。これを利用して、文字間隔の調整をすると、単語が検索にヒットしなくなったり、読み上げがおかしくなったりします。

文字間隔の場合はスタイルシートのletter-spacingを利用するようにしましょう。

またこの空白文字の「nbsp」とは「nob-breaking space」の略で自動改行させないスペースということです。

英文の文章は一行の終わりに達したときに、空白文字のある箇所で自動改行されるのですが、この特殊文字を利用すると自動改行されなくなってしまうので注意しましょう。

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*