IEで互換表示をさせないX-UA-Compatibleの指定方法


IEはバージョンごとに表示方法がかなり変わってしまうとてもやっかいなブラウザです。また互換表示という機能があり、これによって表示が崩れてしまったりもします。

そこで互換表示をさせない方法のご紹介です。

IEで股間表示をさせない為のX-UA-Compatibleの指定方法は下記になります。
記述する場所によって適用されなかったりもしますので、こちらはなるべく文字コードの直後に実装をしましょう。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1" />

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*