IEに互換表示させないX-UA-Compatibleの指定


下記を記述しておけば、IE10ではIE10のレンダリングモード、IE9ではIE9のレンダリングモードで表示されます。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">

上記コードはcssやjsなどの外部のファイルへのリンクを記述している箇所よりも上に記述しましょう。
なぜなら、外部ファイルの読み込みがあると、そこで表示モードが決まってしまうからです。

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*