JavaScriptでURLのパラメーターやアンカー(#以降の部分)に応じて処理を分ける場合


URLのパラメーターに応じて処理を分ける場合


	$(function(){
		var urlParam = location.search.substring(1);
		if(urlParam) {
			var param = urlParam.split('&');
			var paramArray = [];
			for (i = 0; i < param.length; i++) {
				var paramItem = param[i].split('=');
				paramArray[paramItem[0]] = paramItem[1];
			}
			if (paramArray.id == 'hoge') {
				//パラメーターが「hoge」だった場合の処理を入れる
			} else {
				//パラメーターが「hoge」でなかった場合の処理を入れる
			}
		}
	});

URLのアンカー(#以降の部分)に応じて処理を分ける場合


	$(function(){
		var urlParam = location.search.substring(1);
		if(urlParam) {
			var param = urlParam.split('&');
			var paramArray = [];
			for (i = 0; i < param.length; i++) {
				var paramItem = param[i].split('=');
				paramArray[paramItem[0]] = paramItem[1];
			}
			if (paramArray.id == 'hoge') {
				//パラメーターが「hoge」だった場合の処理を入れる
			} else {
				//パラメーターが「hoge」でなかった場合の処理を入れる
			}
		}
	});

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*